Betcha!

日本伊達男協会公式ブログ

生業 -NARIWAI-

the surprise prize






おけましてあめでとうございます。








眠れる森の営業マン、YUSICです。



ご無沙汰して申し訳ありませんでした。



猛烈な勢いで2005年が終わってしまい、2006年になったらなぜか早寝ぐせがついてしまったためなかなか更新できずにいました。



遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。












今年も色々とやりたいことがあります。



まだ詳しくは言わないですけどね。



仕事が相変わらず忙しいのですが、そういうときこそプライベートでは悪ふざけしなくてはと意気込んでおります。



とにかくですね、もっと「面白い人」になりたいわけですよ。



そのために色々とがんばりますです。












で、今日は皆様にご報告がございます。



完全に私事ですので、興味がある人だけ読んでいただければ。










ということで、本題。



えー、昨年はけっこう仕事をがんばりました。



あくまで「自分なりに」ですが。



で、このたびなんと私・・・











会社から特別社長賞というものをいただくことになりました!














表彰なんて小学校の時の野球の試合でたまたまもらった優秀選手賞以来です。



だから、多少自慢したいのです。



全然期待してなかっただけに地味にウレシイ。



「仕事がんばってね!」と言ってくださった方々、ありがとうございました!



おかげさまで、がんばれちゃいました。














でも、すげくね?



オレ、すげくね?









受賞者は全国で10人くらいなのですが、オレ以外は全員役職付き。



ヒラはオレだけ。












入社4年目で社長賞までは辿り着いたぜ。



あとは社長の座を狙うのみ。











いや・・・「のみ」じゃねぇ・・・。



主任にすらなってねぇ・・・。















それはおいといて、ここからが大切なところなんです。





受賞の案内と同時に今年のゴールデンウィークに工場の視察に行くよう会社から指示がありました。














その行き先・・・






















マレーシアなんですけど・・・。













なぜだろう・・・?



なぜか素直に喜べない…。



初の海外出張なのに、喜べない。









間違ってプランテーション経営なんかに興味を持ってしまったらどうしよう。



すっかり気に入って永住なんてしてしまったらどうしよう。



万が一そうなったら向こうでブログは書くと思うので、これからもウェブ上で仲良くしてください。


















では、オレの新ブログ「ゴム汁いらんかね?」で会いましょう。











(追記)
今後もこのブログ、続けていきます。
しばらくは不定期更新だと思いますが、気長によろしくお願いします。
マレーシアなんてネタの香りがプンプンしますからね。
ネタ探しをしてきますよ。
まだ先の話ですが。
でも会社の人と行くからどーなんだろ・・・。


Still waters run deep.




オレ、8時30分までに会社に行かなくちゃならないのに8時に起きたりしちゃいます。
それからシャワー浴びてスーツ着て、8時20分に家を出て車をぶっ飛ばして8時29分に会社に着くことがよくあります。
「ふー、あぶねー。」とか言いながら始業のアラームを聞き、それが鳴り終わるとコーヒーを飲みます。
コーヒーを飲み終え、会社を出ます。
得意先に行くのかと思いきや、会社の隣のコンビニに行きます。
コンビニから帰ってきて、朝ごはんを食べます。
朝ごはんを食べたら一服します。
一服が終わると、ひとしきり先輩社員をいじって楽しみます。








ほらね?













絵にも書けないダメ社員。













新入社員の時からこのザマです。
人の命に関わる医療機器メーカーの営業マンとしてこれでいいのでしょうか?








入社式の日、夜に会社の役員との懇親会がありました。
新入社員は一人ずつ前に出て自己紹介をしました。
社長に向かって「社長の座を狙います。」と挨拶したのはこのオレです。
その時初めて顔を合わせた同期に「大槻ケンジに似てんじゃね?」と言われたのをいいことに、薬局にアイライナーを買いに行き、二次会にひび割れした顔で参加したのもこのオレです。














あぁ、なんて不真面目なんだろ。









でも、それはあくまで仮の姿。
新入社員の頃は、家で人知れず看護技術の勉強をしてました。
会社では自分の担当病院の状況をいち早く把握できるように、前月度の実績を病院別に規格ごと表にしたりもしてました。
覚えるためにあえてパソコンは使わず全て手書きで書いてました。











担当を持って日が浅い頃、オレはある仕入商品をPRしていました。
フィンランドのメーカーで作っている商品でした。
ある時、病院の担当者からその商品についてのデータの提出を求められ本社に依頼をすると、返ってきた返事は「んなもんあるわけねぇだろ」でした。
「売ってこい」と言いつつそんなことを抜かす本社に「それでも企業か!」と激怒したオレは、製造元のHPからその商品についての詳細が書かれているページを探し出し、全て英語で書かれている説明文を和訳して提出しました。
後日、本社から「それ、送ってくれないかな?」と言ってきた時には快感を覚えました。
それから3年くらい経ちましたが、今でもその商品は注文がきます。











普段はグウタラしてますが、実は他の人がやらないようなことを考えています。










例えば、病院でのプレゼンや勉強会。
処置や手技の勉強会の場合、普通はそこで使われているメーカーが勉強会を開催します。
ところが、オレは自社の製品を使ってもらってなくても勉強会をします。
もちろん相手のメーカーをけなしたりするわけではありません。

そういったとき、某一流メーカーを初め対抗メーカーは専属の人間を連れてきたり、もともと持っている自社の資料を使い勉強会を行います。
ですが、オレは全て自前です。
会社に資料がない時は、休みの日に図書館に行って資料を探してきます。
資料の作成から講師まで全て自分ひとりでやります。
そうしてオレは弱小メーカーにいながらも、一流メーカーや外資のメーカーなどを蹴散らしているのです。
これの積み重ねで、月ベースで5万円くらいしかなかった回転金額が80万円くらいになったエリアもあります。
そのエリアだけで年間900万円のベースアップです。



他にも、商品のサンプルを提出する際も工夫をしています。
一般的にサンプルは商品の箱のまま出します。
オレは大きな仕事の場合、二段くらいのクリアケースを買ってきて中敷を作り、規格ごとに並べてクリアケースごと納品します。
そうすることによってサンプルをより使ってもらえるようにしています。
なおかつどのくらいサンプルを消費しているか次にオレが訪問した時に外から一目でわかるようにしてあります。
クリアケースにロゴをつけたりもしてます。













裏ではそういったこともしているのです。









今、ウチの会社でもっとも売らなければいけない商品を営業所で一番売っているのはオレです。
一般営業の中では病院でのプレゼンや勉強会を社内で一番多くやってる自信があります。









そんなこんなで入社してから3年と数ヶ月。
前にも言いましたが、今過去最大の仕事をしています。
まだまだ長丁場になりそうですが、これが上手くいけば全国の営業マンの中で売り上げ第一位になりそうです。








そして、このクソ忙しい最中に土日を使って作ったオレのフラッシュが本社で使用する販促ツールとして採用になりました。
今後、全国で開催される学会などの際に商品のプロモーションとして使用されます。
こんなことまでしてる営業マンはそうそういないでしょう。


ウチの会社のことだからこんなこともあろうかと、ムービーの中にオレの名前を刻んでおいてよかった。
今日、本社から違う製品のムービーも作ってくれとの依頼がありました。
経費に関しては、本社で持つとのことです。
オレの狙い通り。
調子に乗って、高価なソフトの依頼をしましたがどうなんでしょう。
「Flash8」、「photoshopCS2」、「illustratorCS2」・・・。
普通に買えば占めて30万円弱です。
オレはさらに調子に乗って「自分のパソコンで使えるようにすること」という条件を提示。
「普段は営業をやっている以上会社でつくるのは無理だ」とそれらしいことを言っておきましたが、そんなことは可能なのでしょうか。
決裁が下りるか見ものです。









営業として入社したものの、リサーチャーや翻訳家、勉強会の講師も兼任し、さらにはCMクリエイターにもならなければいけなさそうです。
こうやって見ると、オレは今の仕事に就きながら昔なりたかった職業に次々に就職しているようです。
「なぁ〜んだ。こういうやり方もあったのか。」と今更ながらに気がつきました。
CMを作ればディレクターにもコピーライターにもなれるわけだし、あとは、ミュージシャンくらいですかね。
CMソングでも作ろうかな。


でも、一般営業の給料しかもらってない・・・。












あ。

大丈夫!











現在、自分の会社相手にギャランティーの交渉までしちゃってます。


自分の会社まで相手にして商売しようとしてるんだから、オレって天才営業マンだなぁ。













ところで、明日の朝も早起きは出来なさそうです。


"悩"ある鷹は"漬け"を隠す。


オレは日ごろから気を付けてます。














かっこよくなりすぎないよう。





多少セーブしておかないとあれなんですよ。






ほら・・・














近寄り難くなるじゃない。




















・・・ウソ。




言わなくてもわかってると思いますが、












哀しい大ウソです。
















あ゛あ゛ー!





かっこよくなりてー!!









もう、"もてる"とか"もてない"とかそういうことじゃないんですよ。



やっぱり年相応のカッコよさは身につけたいわけなんですよ。









でも、最近加速度を増している「ネクラな自分」がそれを邪魔しているような気がしてならないのです。














今日のオレの一日を見てくださいよ。









<午前中>

会社でダラダラする。







<お昼>

11時台にお昼を食べ始める。







<午後1時>

ちらほら仕事をしてみる。(またしても病院勉強会)







<午後2時>

早くもダラダラする。
それにも飽きたので、移動。







<午後4時>

一応仕事をしてみる。







<午後6時>

帰社。










<午後7時>


















会社で漬物を漬ける。




















ねぇねぇ・・・





やばくね?










オレ、いくとこまでいってね?
















だって、会社でキュウリ切ってるんだよ?








Yシャツの袖まくってナス揉んでるんだよ?
















グータラ社員にもほどがあります。






自分でも理解不能です。

















この向かうところ敵なしっぷり。










他にもいるもんなんでしょうか?



















会社で漬物漬けてる営業マンって・・・。











うーん、ここまで来ると不思議ですね。


結構「素敵だな」とか思っちゃいます。



















それでもクビにならない自分。

















そのくせ次期社長の座を虎視眈々と狙ってたりします。
 ↓
「人気blogランキング」


オレ、CMクリエイターになる。


また、新たなものになってみました。







CMクリエイター。










ちゃちいCMですが、オレの初監督作品。

とくとご覧あれ。







クリックで見れるよ!(音もでまっせ。)


「Betcha!-CM-」







先日の記事にコメントしてくれた人ありがとう!
今日はもはや時間がないので明日必ず返信します!!
お待ち下さいね♪







よくまぁ、やったこともねぇくせに金もかけないでここまでやるよな、オレ。
ちなみに、体験版ソフトとフリーソフトとフリー素材だけでここまでできます。
だから全部タダ。
しかも、構想からアップロードまで数時間。
この無駄なフロンティアスピリットはおとなしく仕事にぶつけましょう。

スゲーと思った人はクリックしてちょ♪
 ↓
「人気blogランキング」

あるときは。またあるときは。

最近、休日も仕事。


でも、愚痴は言わない。








ボク、こう見えても"仕事もできる男"になりたいんですもの。










この「仕事も」の「も」。












コレ、大事。











「仕事しかできない人」も嫌だけど、今のままでは「仕事すらできない人」だもんね。














それにしても、更新を楽しみにしてくれている皆様!






滞ってしまって申し訳ございませんでした!






それに、先日のエントリーにコメント入れてくださってた皆様、急いで返します。













予定としては今週、オレは"ある重大発表"をしようと思っております。




明日するかもしれないし、金曜日にするかもしれませんがお楽しみに。















さてさて。






先日、会社の後輩(入社4ヶ月目)にこんなことを言われました。


















「誰か芸能人に似てるって言われませんか?」


















お前はキャバ嬢か!










と、つっこみたくもなりましたが、ここは先輩のオレが譲ってあげます。














オレ「それがさー、あんまり言われないんだよねぇ。」














後輩「えぇ〜、でも似てますよぉ〜?」

















なになに?





これは先輩を持ち上げるための社内営業??





そういうのはやめといたほうがいいと思うよ。










ほら。














オレ、調子にのるから♪


















オレ「えぇ〜♪誰に誰にぃ〜??」
























後輩「宮迫に似てますよぉ〜!」






















ぎゅーん!
・・・はい?




















喜ぶとでも思ってんのか?













オレ「そ・・・そうかぁ?それはいわれたことはねーなぁ〜・・・。」
(かなりムッとするオレ)












後輩「で、でも・・・オレはカッコイイと思いますよ、宮迫!」












オレ「あ、そう・・・。で、自分はどんな芸能人に似てるって言われんのよ?」




















後輩「ボクもあんまり言われないんですけどねぇー。強いて言えば・・・




















三宅健。















ソリャナイヨネー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
















後輩「あと、永井大とかー・・・」















キイテナイヨネー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

















後輩「押尾学とかですかね。」


















出たな!プッシュ野郎!







もしや、お前もそっち系か?

















「童貞は化石以下」系か??


















別にオレが誰に似てるって言われようがいいんですけど、こいつはわかってるんでしょうか。




















社会の常識ってヤツを。


















オレはできた先輩なので怒りません。






むしろ、ほっとしています。













これがお客様相手じゃなくて良かったと。













先が思いやられます。















でもねでもね!




多少不安だったんですよ。




実は宮迫そっくりだったらどうしようと。








だから彼がいない時、会社の人たちに↑のいきさつを話したんですよ。













そしたら・・・



















大爆笑・・・。













もうドッカンドッカンいっちゃってます。







あぁ、四六時中笑いを取っちゃう自分が悲しい・・・。













ひとまず「似てないから安心しろ」とは言われましたが、腑に落ちません。



















先輩A「似てないから安心しろ、宮迫ぉ〜。











先輩B「あいつの目がおかしいんだって、宮迫ぉ〜。












先輩C「電話だよー、宮迫ぉ〜。

























相談して激しく後悔。







社内でのオレの呼び名はその後ますますエスカレーション。

















「おーい、蛍原!」















それは相方のほうだし・・・。


















「おーい、くず!」















コンビだし!






明らかに悪口だし!!



















「おーい、ヒロシ!」

















もはや、全く関係ないとです!





















オレはですね、ブログとか友達間とかだけじゃなくて仕事とかパブリックなところでもこんな感じなんですよ。











キャラ先行型。











おかげで社内でもけっこう有名です。






惜しむらくは「仕事ができることで有名」とかじゃないところです。
















「あいつには何言っても大丈夫だろう」的ポジション。















あえて、オレの役職を作るならば・・・

















村八部部長。














ま、社内でも明らかに「イロモノ・ポジション」てことです。








いや、この表現は間違ってます。










「イロモノ」ってところが間違ってるわけではなく、「社内で」ってところです。

















得意先とかでも「イロモノ」。
















オレの場合、得意先でもあだ名が多すぎるあまり・・・




















本名忘れる人、続出。


















おかげさまで・・・



















あだ名宛てに電話がかかってきます。














プルルルルル・・・








先輩「はい。株式会社○○○です。」









得意先「○○商事の○○ですぅー。」









先輩「お世話になっております!」
















得意先「"食中毒"をお願いします。」















先輩「はい。お待ち下さい。」

















あの、一応会社なんですよ?











卸業者の分際でメーカーの担当者を

"食中毒"呼ばわりするなぁー!!












それと、











「お待ち下さい」じゃねぇー!!














「"食中毒"に電話だぞー」って・・・先輩も先輩です・・・。





















こんなのはまだ序の口。


















先輩「おーい、"あのかわいそうな子"に代わってくれってさ!」























"かわいそう"って・・・

なんだよ、もうっ!













ここをクリックしないと、"松鶴家千とせ"に「わっかるかなぁ〜?」って聞かれちゃうぞ!
「わかんねぇだろーなぁ〜」って決め付けられちゃうぞ!
ヘイ、ヘイ、ヘェーイ♪
 ↓
「人気blogランキング」

バーカホリック。

実は最近土日も仕事をしています。



社会人になって4年目。



過去最大の局面を迎えております。








天国と地獄が紙一重。



ビッグビジネスの多重事故が起きそうです。













オチをつけてしまいそうで怖い・・・。













ところで最近、勉強会の依頼をよく受けるんです。




医者や看護師など病院で医療に携わっている方々に、オレが講師役となって講釈をたれるわけです。




















オレでいいの?










病院長をはじめ、何十年と医療に携わってる方たちに、医師免許も看護資格も持ってないオレが講義をするんです。


先日某病院で行った勉強会には50人近い方々に集まっていただきました。









そんな中、オレが"講師の先生"ということで紹介されます。



気分がいいというよりもガクガクブルブル。














かーわーいーい、講師ぃー♪




売られてゆーくーよぉー♪















ああ、こんな格好の舞台にボケることができない自分・・・














そ・う・さー♪






0パーセント勇気〜♪













そういった場でやりたいボケなんて無数に出てくるんですが、出入り禁止にされちゃいそうなので自粛してます。












やっぱりまずいよね?
















ハトとか出したら・・・。












どこか心の広い病院はないでしょうか?




もしくは、学園祭にオレをゲストで呼びたい学校はないでしょうか?




別に、サイン会でも握手会でもなんでもいいや。
















素敵なオファー・激励文・嘆願書・ラブレターなどをお待ちしてます。
↓↓↓



YUSIC直通メール














てか、明日も勉強会なんです。
オレにも勉強させてくれぇ〜!
応援クリックよろしゅうとみとく。
 ↓
「人気blogランキング」



セールスM。

先週、うちの会社に新人が入ってきました。






ようやく一人増えました。








今までのオレの社内での役割。



・岩手県担当(担当エリア・必達ノルマに関しては他セールスの二倍)

・機械系のプロモーター

・カタログ在庫管理人

・パソコンに関わることの全ての雑務(端末の設置・設定、所員のサポート、ウイルス対策、月度ごとの書類の送信など)

・営業所内のイリュージョン担当(メンチカツの早食い大会(参加者はオレ一名)など定期的なイベント開催)

・有給休暇の残数最低社員

・先輩社員へのツッコミ担当

・パシリ(トイレットペーパーやティッシュペーパーの買出し)



などなど・・・







今月からこの業務に「新人の教育」という項目が加わりました。












分身でもしろってことですか?












オレは結構平日帰宅後も忙しいのですよ。







・手洗い・うがい

・お湯を沸かす

・着替える

・パソコンを立ち上げる

・お茶を入れる

・メールチェック

・みんなのブログを徘徊

・情報(ネタ)収集

・ブログ原稿書き・推敲・レイアウト・更新

・コメント返信

・雑誌を読む

・本を読む

・寝る








おかげで最近テレビを見てません。









「忙しいならすぐ寝ればいいじゃん」とお思いでしょうが、オレはその日の仕事を完全に忘れてからじゃないとよく眠れないのです。

だから、何かしらにひとまず熱中してから寝るようにしています。



仕事で完全燃焼できていない証拠ですよね。



だから無理矢理充実させてるんです。







いい加減、毎日文句ばっかり言っている自分が嫌になってきました。


オレより大変な人はたくさんいるのに。




極力明るく元気に生きようと思います。











今のところ、前年比で伸び率80%。











すなわち、20%減。











数字が落ちまくりです。









いぇいいぇい!








どうにも止まらないぜ!







いぇいいぇい!












甘い。





生ぬるい。










どんとこい、不幸。













クビになったりしたら書くこといっぱい出来そうなのにぃ。
 ↓
人気blogランキング

意思の上にも三年。

先日、大学生のときにバイトで塾の講師をやっていた話を書きました。




今日もその時の話を書きたいと思います。







中学生ともなると、子供たち一人一人が強烈な個性を持っていて非常に面白いものがありました。












中学生のくせに18歳の女子大生と付き合ってるやつもいました。






確かに、背も高くて顔も整っていて明らかにオレよりもかっこよいヤツでした。







オレが彼の同級生だったら猛烈な嫉妬心をむき出しにしていたに違いありません。

男子中学生にしてみれば考えうる夢の頂点を極めた男とも言えます。






仮に、「ニューヨークヤンキースからのオファー」「18歳の女子大生からのオファー」の二つの選択肢が与えられたとします。






男子中学生は間違いなく










「女子大生」を選択します。










そんなメジャー級の彼にオレも興味津々です。








「ねぇねぇ、どこで知り合うわけ?」





「ねぇねぇ、普段どういうことしてるわけ?」










突如として現れた中学恋愛界のプリンスに向かって「いーなー!いーなー!」と連呼しているオレ








そして、そのオレに注がれる










彼の冷ややかな視線・・・。











もはや、










どっちが中学生なのかわかりません。












仮にオレが彼と同じクラスの中学生だとしたら確実に友達になってはくれないでしょう。



悲しいかな、






こういう子とは打ち解けられないのがオレです。











その他にも、いろんな子がいました。








塾の前に家で酒を飲んでから来るヤツ。









わたくし、残念ながらこういうヤツとは打ち解けられます。









彼の授業中。








生徒:「先生!ちょっとタイム!!」







オレ:「ん?なんかしたか?」








生徒:「トイレ!トイレ!」










かわいそうに、オナカでもこわしたのでしょう。









オレ:「気にせず行ってきなさい。」










しばらくすると、彼は戻ってきました。








生徒:「ふぅ〜、すっきりしたぁ〜。」











よく見ると、コイツ・・・口元を拭ってます













ゲロ吐いてきやがったな・・・。











オレの26年間の人生の中でこの時くらいですよ。





酒臭い中学生に「be動詞の活用」を教えたのは。






でも、彼は別にヤンキーでもなんでもない、すごくいいヤツでした。



性格がやさしくて明るいこともあってか、後輩からも慕われてたし、友達も多いようでした。








オレに対する






「先生!今のボケはいただけない!」







という発言も彼のやさしさです。








授業が終わって講師たちが「帰りがけの一服」をしている時、








ふと見ると彼がごく自然に混ざっているのも









彼の明るさがなせる業です。













女の子の中にはプレゼントを持ってきてくれる子もいました。










修学旅行で買ってきたクッキーをくれた子。











自分が普段吸っているセブンスターをくれた子。













色んな子達がいたものです。












ある女の子で変わった子がいました。








なんでも、高校には行かず東京に行って働いて暮らすとか言う、「出稼ぎ志望」の女の子。







しかも、芸能界に入ると申しております。










オレは彼女に「芸能界なんて簡単に入れるもんじゃないよ」と言ったのを覚えています。





いくらオレが真っ当なアドバイスをしても受け入れてくれません。





そのうち自分の無謀さに気づいてくれるだろう。



そのうちオレが言っていたことの意味をわかってくれるだろう。







中学生くらいの年頃って芸能人とかに憧れるじゃないですか?






正直言って、そのうちあきらめるだろうなとは思っていました。














そして、その彼女の成れの果てがこれです。

  ↓
ruike1




「類家明日香」










彼女ってば、







本当に芸能界に入っちゃいました。






しかも、




巨乳アイドルとしてデビューしちゃいました。












先生、全然知らなかったよ。









お前がGカップだったなんて。








ま、その頃はまだ発展途上だったんだろうけどね。











でも、オレはお前に完全に負けたよ。



そして、「夢はあきらめちゃいけない」ってことをお前に教えてもらったよ。













例え、お前がこんな格好をしてようとも・・・


ruike2









何も突っ込まないぞ!
















ましてや、こんな格好してたって


ruike3









何も突っ込まないぞ!















うん。



お前は輝いてるね!



夢をかなえたね!











体に気をつけてガンバレ!!












本当にお前には色々と教えられたよ。








オレは忘れないよ!!


















「夢はあきらめちゃいけない」ってことと、
















「先生って女の子にもてないでしょ」って言われたこと・・・。














もし本人が見てたらメールくれ。









「類家」とともにオレを応援してください!
 ↓
人気blogランキング

学+楽=愕

医療系の仕事に就いている今。


お客様が医者だったりするので、敬称として「先生」を付けることが多々あります。





でも、大学生の頃のオレは今とは逆の立場でした。








「先生」と呼ばれる側でした。










大学一年から四年まで、オレはアルバイトで塾講師として「先生」をやっていました。

今振り返ってみても、実にやりがいのあるバイトでした。








アツクなれるバイトでした。









人生とは不思議なもので、幾度も分岐点に立たされ、その時の選択結果で形成されていて、そして今の自分があります。


もし、違うほうを選択していたら今の自分とは全く別人の自分がいたはずです。




友達も恋人も住んでる場所も就いている仕事も、全てが今とは違う人生があるはずです。








高校受験とは言え、確実に生徒たちの人生に関わっているんだと思うといやがうえにもアツクなるバイトでした。












でも、所詮オレのこと・・・。









授業の大半はバカな話。











とにかく塾に来ることを楽しみにしてほしかったのです。








バリバリの進学塾というわけではなかったので、ほとんどが勉強嫌いな子ばかりでした。



勉強嫌いな子の気持ちは死ぬほどよくわかります。



オレ自身高校の時にでっかい挫折をしたので、本当に気持ちがわかります。








そこで、オレは毎日バカな話をしてました。







男の子は下ネタを主に。


女の子は恋愛相談を主に。








この方程式は永遠ですね。










チンコとかウンコとかそういう話をしている時の男どもは目が輝いています。




反して、女の子は好きな男の子の話をしている時が一番輝いています。










生徒たちの目が輝いて、心を開放してきた時。





そこがオレの狙っているタイミングです。








そういう話をしている時に質問を投げかけます。









質問です。


ニュースステーションを見ている時のお前のチンコの長さは、5センチでした。


ところが。


トゥナイト兇始まると、15センチになりました。



お前の男っぷりは何%アップしたでしょう?















こういう問題に変えただけで












男ども、かぶりつきます。












そして、










「自分の男っぷりの増加率」を割り出したい一心で一生懸命計算します。














全然出来ない子でも







なぜか解けちゃったりします・・・。












簡単な問題でも解けたら素直にとことん褒めます。



小さいことですがそれが大きな自信になっていくんです。








それでいいじゃないですか。











同じ計算するなら、面白い計算したほうが楽しいじゃないですか。




公園の花壇の面積なんか求めて楽しいですか?






例え、架空の話であっても









親戚のおじさんのハゲの面積とか求めたほうが楽しいじゃないですか!








しかも、ハゲの場合は進行していくので、前年比を求める計算まで出来るようになっちゃったりします











オレが教科書を作ったら、日本の子供たちをもっと勉強好きにできるかもしれないのに。


オレが学校の先生になったら、不登校の生徒をもっと少なく出来るかもしれないのに。















でも、やはり肝心なことは事前にしっかり教えないといけないようです。












生徒:「先生!今度のテストでさぁ〜・・・」










オレ:「ん?」



















生徒:「チンコの問題出れば、俺イケルよね!!」






















スマン・・・。















その問題は、絶対に出ない。


















したがって、

















お前は、絶対にイケナイ。(瞑)













レバ刺し先生を応援してくれ!
 ↓
人気blogランキング


Profile
YUSIC
yusic2



1978年12月7日仙台市に生まれる。
小学校、中学校とそつなくこなす。
高校に入り、成績が二軍落ち。
それと同時にロックに出会う。
音楽の授業でやったこともないドラムをやらされ奥田民生の「愛のために」を演奏。
自分でも知らなかった才能に目覚める。
その後すぐに友人がやっていたT-SQUAREのコピーバンドにドラムとして加入。
高校の文化祭で初ライブ。
その間、歌もののバンドもやりたくなってしまい、LINDBERGのコピーバンドを平行して結成。
そのバンドではベースを担当。
ライブハウスでの初ライブはベースで出演。
やったことのないベースでもなにげに弾けちゃうオレの才能にまた気付かされる。
そんなことをしているうちに受験に失敗。
そっちの才能はないことに気付く。
浪人中はハトの生態に関する研究に明け暮れる。
二度目の大学受験で岩手県の大学に合格。
大学1年でバンド「B DASH JUMP」結成。
ドラム担当として手腕を振るう。
その時期にアコギを購入。
なにげにギターまでなんなく弾けちゃうオレ。
大学1年の学園祭ではカラオケ大会優勝。
歌までうまい。
大学2年のライブではピアノも披露。
とどまることなく溢れ出す自分の才能に恐怖を覚える。
また、このバンドのHPにて文才も発揮。
新たな趣味ができる。
大学4年の卒業時に「B DASH JUMP」解散。
その後就職し、うだつのあがらないまま現在に至る。


COUNTER!!!

最新コメント
人気blogランキング
おもしろいと思ってくれた方はクリックという愛の手を!
クリックしてくれればくれるほどオレが人気者になっていきます。
         ↓
メールしとけ!!!

YUSICへのメールはこちらまで

掲示板ですぜ
ヨリ目にしても立体には見えません
QRコード
マイ・オークションをごらんください
  • ライブドアブログ