ども!
アナリーマンYUSIC様です!

ということで、今日も会社を休んで県の施設にて陵辱されてまいりました。
そう。
定番化してまいりました「ちんかめ」ならぬ「けつかめ」です。
精神的には結構苦痛なのにここまで繰り返しちゃうとネタとしての新鮮さに欠けるのが非常に残念です。

でも、便秘気味のまま浣腸してもらうとすごいことになりますね。
今まではむしろ下痢が続いてる状態で浣腸してもらってたから出るっつってもたかが知れてたんだけど、今回は違いましたよ。
「おいおい、内臓まで出ちゃってんじゃないの?」ってくらい出るわ出るわ・・・。
ウンコごときにここまで体力を消耗させられることもそうそうありません。
トイレから出てくるオレの様はまさに矢吹丈ですよ。
「燃え尽きたよ・・・真っ白な灰に・・・」って。

『したのジョー』とでも呼んでもらおうかな♪
トイレは〜、どっちだぁ〜♪


検査の前に行う浣腸ってちゃんと出たかどうか看護婦さんに聞かれるんですけど、浣腸しても出ない人っているんですかね?
そこまで出不精のウンコを抱えこんでる人って尊敬しますよ。
あんなに強烈なストック開放手順をふまれて抵抗できる人がいるなら会ってみたいです。
オレなんかもう浣腸入れられてる時点からヤバイもの。
自分でマインドコントロールし過ぎちゃってるのかなぁ。

「今から浣腸をいたします→じきにウンコ様がお出ましになられます」っていう潜在意識が強いからなのかも。


それでも、今日は出来る限り抵抗してみようとチャレンジしたんですよ?
けど、無理でした・・・。


高橋名人の指先のように小刻みに震えるケツ筋があまりにもけなげで・・・。

ケツなのに生まれたての子馬みたいで・・・。


無数の矢を受けながらも立ち続ける弁慶のようなケツ筋の頑張りに涙を禁じ得ず、すぐさま開放してあげてしまいました・・・。

ごめんよ、ケツ筋。
オレが無理を言ったばっかりに・・・。
会社に行ったら「欠勤届」と一緒に「ケツ筋届」も提出してあげるからね。



んで、実際の検査はどうだったかと言いますと、あまりよい感じではありませんでした。
素人のオレが見てもたいして前回と変わっていなかったように思います。


あれぇ、なんかまだぼわぁ〜っと腫れてねー?


気のせいかなぁ〜。


う〜ん、見ずれーなー。


おいおい、視界の邪魔すんなよー。


って、アレってもしやウンコじゃねー!?




ついさっき生出演してたかと思えば、中継の映像でも「ウンコ様のお出まし」を目の当たりにし、軽くパニックです。
出前が遅いと文句付けられたそば屋の心境です。
「さっき出たところなんですがねぇ〜」みたいな。

「レコ大から紅白に駆けつける浜崎あゆみ」のようなウンコのフットワークの軽さに驚いているうちに検査は終了。



なんと、結果はまた後日発表らしいです。
おそらく、「難病」のほうでしょう。
あの感じでは。
月曜日にまた病院に行って聞いてきます。





でも、あれだね?
こうして自分の書いた文見てると「少しはへこめよ!」って言いたくなるね。
大半が病状の話っていうよりウンコの話だもの・・・。


よくもまぁ偉そうに「選挙に行け!」とか言えるよ。
まったく。