手のモデル。

「手タレ」。


足のモデル。

「足タレ」。


世の中にはカラダのパーツを売り物にした色々なモデルがいます。
仮に今オレがお見合いをしたなら職業は「モデルです。」と言いきれます。




はい・・・。

「もつタレ」です。




何を隠そう、またしてもグラビア撮影をすることになりました。
ええ、腸のね♪

まだはっきりしないみたい。
オレの病気・・・。
ここまで引っ張るんだったら世界で初めての病気とかだったらいいのに。

かっこいい名前がいいなぁ〜。
「ピーターファンデンホーヘンバンド病」とか。
「スペース・ローン・ウルフ病」とか。
「ナニワのモーツァルト病」とか・・・。



それにしても、カメラ入れ過ぎだぁ〜。
まるで大学の新歓コンパ状態ですよ。


と〜こ〜ろ〜が〜

ゆ〜じ〜っくぅ〜

ま〜だまだ〜

撮りた〜りな〜い

そこでいっきっきぃ〜のぉ〜きぃ〜・・・。



今年に入ってもはやカメラ5本目です。
ここまで来ると自分で買っちゃおうかとも思うくらい。
そろそろプロとして大腸のポージングも研究しなきゃいけないとこまで来たかもなぁ〜・・・。


「男を誘惑する雌ネコのような大腸。」


「うまくいかない恋に悩むちょっとうつろな大腸。」


「じゃじゃ馬大腸。」


「普段は真面目なのに酔うとちょっと大胆になっちゃう大腸。」




今回はもうケツから入れるの三回目だし、難易度高いやつにしようかな。
パイレーツに敬意を表して・・・。





「だっ腸〜の!!」