10文リレー小説「忍び麻薬捜査官シマウマ」もいよいよ最終話!


アンカーって、超プレッシャー・・・。


だって、みんなやりたい放題やってくれちゃうんだもの。w


でも、みんなからもらった"あったけーバトン"。


しっかり持って最後まで突っ走ってやるぜ。










読んでない方は順番にどうぞ。
 ↓

第1話:yosihide
第2話:lio
第3話:AZU
第4話:くまろん
第5話:momoco
第6話:シカコ
第7話:さるこ
第8話:tatsuchan
第9話:TAKUMIX













「忍び麻薬捜査官シマウマ」〜第10話〜










「ちくしょぉーっ!」


横たわる高梨にナイフを振り上げた瞬間、俺の身体を高熱の刃が貫いた。


「すまんが、こっちは実弾や。」


身体から吹き出す赤だけが白く変わった俺の視界に奇妙なコントラストを描いた。













俺を欺いたパンダと高梨はその後里美を連行し、彼女に全ての罪を着せた。












「おめでとー!」


数年後、同僚に盛大な祝福を受け、パンダと高梨は式を挙げた。











同じ日に里美が獄中で舌を噛み切ったことも知らずに。










それから、俺たちは上野公園の池のほとりでひっそりと寄り添うように眠っている。






"忍ぶ恋"は終わりを告げた。











−完−