兵庫県尼崎市で列車の脱線事故がありました。

テレビのニュースは時間を追うごとに悪いニュースばかりが増えていきます。





責任が誰にあるのかはわかりませんが、明らかな人災だと思います。





ニュースを見ているのが本当につらい。

自分が乗っていたらと思うより、大切な人たちが乗っていたらと思うと本当につらいです。



さっき報道ステーションで娘の安否確認ができずに心配をしていたお父さんの様子が出てきました。

会社のネットで事故のことを知ったそうです。

家に連絡してみると娘が出発した時間からすると、その列車に乗っているかもしれないとお母さん。

電話を何十回かけても繋がらない。

病院を何件駆け回っても娘の行方がつかめない。





ようやく娘と再会できたのは遺体安置所でした。





家族の気持ちを思うと言いようのない気持ちがこみ上げます。





自分は何もできずにこうしています。


それにすら憤りを覚えます。




「亡くなった方たちのために」というのは偽善的で恩着せがましいので言いません。





自分が今生きている奇跡を改めて考えて自分のために後悔しないように生きていきたいと思います。






事故に遭われた方々、そしてその御家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。