新たな言葉を作るにはどうしたらよいのか。





そこで、今日は国語のお勉強をしたいと思います。







「体言化」というのは知っていますか?






「体言化」とは、動詞・形容詞・形容動詞などの「用言」を名詞(体言)としての働きにするためのものです。




中学校で習いましたね?






例を出したほうがわかりやすいでしょう。






歩く→歩き



叫ぶ→叫び



パシる→パシり






こういったことです。



元は動詞であったものを名詞化することを言います。











そこで、新しい言葉を作るためにオレは「用言化」を提唱します。











体言化された言葉は一般的に最後の母音が「イ」の音で終わります。






反対に動詞の最後の母音は「ウ」の音です。








「ウ」の音を「イ」の音に変えると名詞になるのであれば、「イ」の音で終わる名詞を「ウ」の音に変えて動詞にしちゃってもいいじゃないか。










それが、オレの唱える「用言化」です。









例えば・・・












「尾崎」











コレは思いっきり名詞です。





コレを用言化すると、


















「オザク」













盗んだバイクで走り出したい人はぜひこの言葉を使ってください。











「オレは今日からオザク!」と。











心なしかアツイ人におススメです。




そういった男くさい人にはこんな用言化もおススメです。

















「ナガブツ」
















決して履物の類ではありません。



あくまでも、動詞として使うのですから。












はたまた・・・












「生理」












コレに関しては、ぜひとも女の子に活用していただきたい。

















「セイル」












人ごみの中でも全然使えます。











「あたしさー、来週あたりセイルわ。」















すごく実用的な言葉だとは思いませんか?









例えばですね、その気になれない時とかにも使えるんですよ。










現在進行形の形にしちゃえば。



























I am セイリング!













ロッド・スチュアートを思い出した人は押すべし!