Betcha!

日本伊達男協会公式ブログ

生理整頓。

当サイトのグランドオープンから今日で1ヶ月が経ちました。

カウンターは現在2,650ヒット前後ですが、特定の記事の閲覧等全てのアクセスを含めるとグランドオープン初日から昨日までで3,346ヒット。
延べ3,000人以上の人がオレのアホっぷりをご覧になっているわけです。
そのわりにトラックバックとか一回もない・・・。
おそらく、オレのレベルが高すぎるか世間の人にシカトされてるかのどちらかでしょう。
後者の可能性大ですが・・・。


「ブログ」って今世間で流行してて、自分の「ブログ」作る人が多いみたいです。
HPより簡単に作れるし、更新も簡単だし、デザインも自分好みに設定できるというのがその理由なんでしょう。
確かに、その通りです。
でも、すぐにやめちゃう人も多いみたい。
書くことがないとか面倒くさいとか飽きちゃったとかいう理由で・・・。
オレに言わせりゃ、「んじゃ、最初っからそんなもん作るなよ。」ってなもんです。
「車買ったけどガソリン入れに行くの面倒だから乗らない。」って言ってるようなもんじゃないっすか。
うらやましいくらい贅沢もんです。
こういう人が多いってのがいかにも日本人ですよねぇ〜。
「ステータスが好物です。」みたいなところが。

かくいうオレもその「ブログ」を作った者の一人ですが目的が根本的に違います。
「自分のブログを持つ」ということがしたかったわけじゃないんです。
「自分をさらけ出すことで自分という人間を客観的に知る」ということが目的です。
かっこよく言えばね。
普通に言えば、「無様な自分を慰めたい」ということなんですけれども。
だから、それ以外にもっといい手段があれば別に「ブログ」じゃなくてもいいのです。


とはいえ、色んな人が見てくれるから続けられるというのは間違いありません。
だから、見るに値すると思うものを書く。
一応そんなことを考えてはいるつもりです。
これでも。
だって、オレが普通の日記書いても誰も見てくれんでしょ?
世間様のオレに対するハードルは高いですから。


「今日はお昼にカレーを食べました。らっきょうは一番最後に食べました。」

これじゃ、誰も見てくれません。

「初対面の人にケツに綿棒つっこまれました。そしたら、変な細菌がいました。」

最低でもこれくらいは書かないと。


このブログに関してはオレの考えていることを赤裸々に書いているのですが、どうですか?
少しは楽しいですか??
最近時々不安になるんですよねぇ。
自分が楽しんでいるだけに一人だけ暴走してはいまいかと。
実はサムイとか思われてるのに、自分だけ「オレって最高♪」って思ってるのではないかと。
サムイならサムイでいいんですが、みんなに楽しんでもらってオレのネタは無事に天に召されるわけですから、ぜひともコメントが欲しい。
せっかくコメント欄があるので、使ってやってください。
別に何書いてもいいです。

ムーミンじゃないんだからそんなに恥ずかしがらないで!


あ。
あと、もし「おもしろいよ」っていう人がいてくれたらでいいんですけど、色んな人に広めてはもらえないでしょうか?
友達や会社の同僚とか誰でもいいんですけど。
ただし、オレの家族にだけは教えないで下さいね。
書きたいことも書けなくなっちゃったりしたら困るから。
特に下ネタ系は。
この歳になって絶縁されてもねぇ・・・。


と、いうわけでいつもありが10。
今後とも4649。




オレは人を殺しました。

イラクで殺された香田さんの殺害風景がネットで流れ出しました。

オレは前にチェチェンの首切り映像をネットで見てすごくショックを受けました。
人間が人間を殺す映像は本当に見るに耐えません。
現実から目をそむけてはいけないのかもしれませんが、香田さんの映像は見れません。
確かに、香田さんの行動は浅はかだし、無責任だし、自業自得にも思えます。
でも、殺される様は見れません。

なぜなら、オレが殺したとも思えるからです。


今回の場合、チェチェンの時と決定的に違うのは被害者が日本人であり、テロリストの要求が「自衛隊の撤退」であったという点にあります。

自衛隊の活動費はオレたちが払っている税金で賄われています。
自衛隊をイラクに派遣させる指示を出した小泉純一郎はオレたちが選んだ首相です。

日本が自衛隊を派遣したということは直接的ではないにしろ「暴力に暴力で対抗」したことと同じです。
これについてはテロリストも同じことが言えます。
テロルという手段は決して許されることではないですが、国家であろうがやってる内容は変わりありません。
ある意味、「大義名分」を掲げているほうがたちが悪いのかもしれません。

自分の愛する人や大切な仲間が誰かの暴力によって殺されでもしたら怒り、恨むでしょう。
普通の人間であれば当然です。
そして、それが復讐心を生み、次の暴力につながるのです。

アメリカの暴力に対抗するテロリストの暴力が日本の暴力を生む。
そして、その日本の暴力が新たな暴力を生む。
この暴力のスパイラルは「その始まり」を探してしまいがちになるから止むことがないのではないでしょうか。
「あっちがやったからだ!」
「いやいや、そっちが先だろ!」
これでは、止むことがないのです。

「始まりを探し出す」のではなく「終わりを作る」。
誰かが断ち切らなくては永遠に平和は訪れません。


では、オレたちに何が出来るのか。
それはただ一つ。

選挙に行きましょう!


日本の公職選挙の投票率は平均して約50〜60%前後です。
今回の事件では「自衛隊を撤退しろ」とか「テロリストの言いなりになるな」とかみんな好き勝手なこと言っていますが、選挙に行ってもいないヤツらはそんなこと言う資格なんてありません。
自衛隊に守ってもらう資格もなければ、警察に守ってもらう資格もない。
本来であれば、「米軍に撃たれました!」って言っても「あっそ。」で終わりです。
「道を教えてください!」ってお願いしても「しらねぇ〜なぁ〜。」で終わりです。
それどころか、水を飲む資格もゴミを出す資格もありません。
ところが、そういうやつに限って文句が多い。
「渋滞がむかつく!」とか。
いやいや、ちょっと待てよ・・・。
「あなたは渋滞に混ぜてもらう資格すらないんですよ♪」ってことなわけです。


海外には「選挙権という権利」を得るために血を流している国があるっていうのに日本人は何もせず文句ばっかり言うのが得意です。
「ムカツク!←国のせい←政治家のせい←自分のせい」ってことを忘れちゃダメです。

水を好きな時に飲めるかどうかも、ゴミを持っていってもらえるかもオレやあなたの一票次第。
強盗やミサイルから守ってもらえるかどうかもオレやあなたの一票次第。
まして、何千人何万人という人間を殺すも救うもオレやあなたの一票次第。



サムライだったらしっかり物事を考えて第二の香田さんを作らないようにしませんか?
このメッセージを見て少しでも投票に行く人が増えてくれれば香田さんに対するオレからの弔いになるんじゃないかな。
こんなちっぽけなことしかできないけど。



「SOUND OF YUSIC」の「YUSIC的生活」を更新しました。

「SOUND OF YUSIC」の「YUSIC的生活」を更新しました。

チェックよろしゅう。

こちらから↓

「SOUND OF YUSIC」

ピローブログなんだぴろ〜んと。

今日からまた組織の歯車に成り下がりました。
ご心配をおかけしましたが、無事社会復帰をしましたのでご報告まで。

昨日のミステリー映画祭。
舞台あいさつに来た竹中直人はテンション高くて素敵でした。
生で「笑いながら怒る人」見れたし。
あとは、「ショスタコビッチ」とか「ナンの人」やってくれたら最高だったんだけど。
映画も良かったっすよ。
一般公開はまだ当分先らしいので内容は話しません。


今日は早起きしすぎて非常に眠いです。
1ヶ月ぶりの出社ということもあって、意気込んでたのはいいんですが、三時起床って・・・。
海まで行って釣りして帰ってきても会社に間に合いますよ。
なので、今宵は早めに寝ます。



電話とかすんなよ!



「今から釣りいかね?」とか言うなよ!



「え〜、行っちゃう?」って返事しちゃうかもしれないからさ。



って、ことで明日も早起きしてみたいと思います。
CAP予備校の生徒並みにな!(仙台市民しかわからんネタですんまそんどんよる)




「ケイリン」CMパロディ 第1弾

ケイリン場に〜















小出義雄〜♪

9300df0f.jpg


「ケイリン」CMパロディ 第2弾

AV嬢に〜















小池B子〜♪

89ef6814.jpg


オレの青春BGM 〜デビッド・ボウイ「ジギースターダスト」〜

Ziggy Stardust


曲との出会いって恋愛に似ていると思います。


一目惚れもあれば、友達に紹介されて出会うこともある。
「イマドキの子」もいれば、「遊ばれて飽きられて捨てられちゃう子」もいたりして・・・。

でも、「いつまでも一緒に、死ぬまで一緒にいたい子」もいます。
このアルバムとだったら結婚してもいい、心中してもいいというアルバム、みなさんにはありますか??


オレがこの子と出会ったのはたしか高校三年生の時でした。
かなりの衝撃を受けたのは確かなんですが、その後もずっと一緒にいるので出会いの具体的な状況はよく思い出せません。
THE YELLOW MONKEYの吉井和哉に紹介されて出会ったのは覚えてます。
そこからはずっと一緒でした。

予備校に原チャリで通学するときにヘルメットの中で口ずさんでいたのも、一人暮しを始めた日の夜も、初めて持った自分の車で一番最初にかけたのもこのアルバムでした。


ロック史の中で名盤中の名盤とされていますし、おそらく永遠に残っていくアルバムだとは思います。
オレ個人としても出会った全アルバムの中で出会った時から今まで不動の一位。
発表から30年以上も経っているのに、全然色褪せません。


将来自分の子どもが幼稚園の発表会で「Starman」とか歌ってたらたまらんだろうなぁとか思うし。
オレが死んだらお通夜だろうが、告別式だろうが、火葬する時であろうが「Rock&Roll Suicide」を爆音でかけて欲しい。


このアルバムについて「この曲のここがいい」とかはあえて今は書かないことにします。
オレが書いて安っちくなっちゃうのも嫌なんで。
他人が聞いてもいいと思わないかもしれないし。
そうじゃないすか?
自分の彼女のことばっかり話するようなヤツのトークを聞いててもつまらないじゃないですか。

だから、いいんです。
他人がこのアルバムについてどう思おうが。



大切にしたいんです。
好きだから。



今日と明日。あなたとわたし。

珍しく日記調の話!

今日は母校の大学祭に行ってきました。
明日は竹中直人に会ってきます。

「YUSIC的生活」更新しました。

「SOUND OF YUSIC」の「YUSIC的生活」を更新しました。

シーンの順番を変え、上に最新のものが来るようにしました。
それと、新しいシーンを追加しましたのでチェックしてみてください。

こちらから↓

「SOUND OF YUSIC」

バカのバカによるバカのための。

みなさん好きですね。

お色気が♪


「女子高生」とか「オッパイ」とか書くとアクセス数が伸びますもの。
オレとしては全然エッチなものを書いてるつもりはないんですがねぇ〜。

むしろ、18歳未満に見せたいくらいの記事ばっかりですよ!
そこには「ジャーナリズム」があると思ってますから。
なんて言うのかなぁ〜、もっとこう高尚なものなんですよねぇ〜。
オレが打ち出す文章っていうのは。
そこいらの駄文と一緒にして欲しくないなぁ〜。



って、言うじゃなぁ〜い?


隠そうとしても「バカのほころび」見えまくりですからぁぁぁ!!


残念っっっ!!!!




「ムッツリスケベンチャー企業“愛撫door”設立」斬りっっっっ!!!!!

中国オッパイ紀行。

中国。

大好きです。

中国人の日本語。

もっと大好きです。


けっしてバカにしているつもりはありません。
中国語検定準4級の腕前ではほとんど喋れないですから。
似たり寄ったりです。


すごく楽しいもの、見つけちゃいました。
あまりにもつっこむものがたくさんあってシリーズ化できそうです。



472caacf.jpg



今回は中国の豊胸漢方薬「乳果豊胸カプセル」です。
そうそう、オッパイ大きくするクスリです。


ネットに載っているこのクスリの効能の説明を見てください。
読みずらいかもしれませんが、書いてある文をそのまま載せます。



「効能:適宜乳房扁平、発育は不良で、乳首凹陷、左右の大きさはつりあいがとれないで、哺乳或人流?后乳垂、緩んでひからびて、乳は気絶して暗くなって、皮膚は粗くて、黄斑、月経不順、手足がだるくて待つ」



さすが、4千年の歴史。
さすが、人口13億人。
日本にはなさそうなオッパイの悩みがいっぱいです。
見ているこっちまで憂鬱になっちゃいます。


「適宜乳房扁平」
これはなんとなくわかります。
ようは、ペチャパイってことでしょう。


「乳首凹陷」
これもわかる気がします。
乳首が陥没してるってことでしょう。
「凹」という字を使われると妙にリアルです。
さすが、漢字の使い方わかってますね!


「左右の大きさはつりあいがとれないで」
このあたりからガクンと世界が深くなります。
あえて名詞で終わらせないあたりが漢文のような奥深い余韻を感じさせます。
ふと目を閉じると水墨画のような風景が広がりますね♪


「緩んでひからびて」
そいつは大変だ。
オッパイの話ですよ。
まるで切干大根じゃないですか。
日本には「むすんでひらいて」という歌がありますが、そのリメイクでしょうか?
その気になれば結べそうな域に達しています。



「乳は気絶して暗くなって」

これこれ!

一番の問題はこれですよ!!
すごいですねぇ〜、中国人女性。
なにせ、オッパイが気絶しちゃったり、鬱になっちゃったりするらしいですから。

あれですかね?
朝礼なんかでふらっと倒れちゃったりするんですかね?
オッパイが!


超みてー。


学級委員に保健室に連れて行かれちゃったりするんですかね?
オッパイが!


超みてー。


はたまた、ひきこもりになっちゃったりするんですかね?
オッパイが!


相談にのってあげてー。


ひどい時なんか手首切っちゃったりするんですかね?
オッパイが!


なるべく早く発見してあげてー。




お願いです!
かんべんしてください。
笑い過ぎでまた入院しちゃいそうですよ。
第一にして「効能」でそれってまずいだろー。
明らかに「副作用」じゃんか。

なんなら、日本を占領しちゃってもいいっすよ。
だって、楽しそうなんだもん。

やっぱ、シリーズ化決定。
今後も日中友好に助力していきたいと思います。


早速、シーンを追加致しました。

下の記事をまだ読んでいない人は先に読んでくださいな。

早速「SOUND OF YUSIC」の「YUSIC的生活」にシーンを追加しました。
1個だととても寂しかったので。

チェックしな。

SOYに新コーナーを設置しました。

本館サイト「SOUND OF YUSIC」に新コーナー「YUSIC的生活」を作りました。

この企画は日常の風景をオレ的な思考で勝手に解釈してしまおうというものです。
見てもらうのが一番早いのであまり説明はしません。
とにかく見てください。

今回同様、今後とも「SOUND OF YUSIC」へ記事をアップしたりした際はウェブログ「Betcha!」にてお知らせ致します。
ですので、常日頃チェックしていただいている方はこちらのサイトを見ていていただければ結構です。

ご感想やご希望があればコメント欄やメール等でご連絡いただけると非常にうれしいです。
もっと楽しい、もっとバカなサイト作りのため今後ともご協力願います。


では、本館サイトへはこちらからどうぞ♪

         ↓

「SOUND OF YUSIC」


ロック。ドラッグ。チューカ。

仕事をしていない今のほうがよっぽど忙しいのはなぜ??

外にいるときよりも家の中にいるときのほうが忙しいのはなぜ??


やりたいことがありすぎて大変です。

このサイトの更新してるし。
本も常に2〜3冊平行して読んでるし。
ネットでいろいろ調べものしてるし。
掃除も洗濯もしなきゃならないし。
その他もいろいろ・・・。



あぁ、オレに出資してくれる投資家はいないものだろうか。
専念したいことはいっぱいあるのに、金もない。
仕事に復帰したら益々時間が制限されちゃうよ。



欲しいものもありすぎる。

新しいパソコンも欲しいし。
靴も欲しいし。
素敵な甘いマスクも欲しいし。
運も欲しいし。
才能も欲しい。



昨日あまりにも才能が欲しくて何かないものかと考えていたら、財布にハルシオン(睡眠薬)が入っているのを思い出しました。

別に美人OLを食事に誘って、見ていない隙にワインの中に混ぜて、意識を失う頃を見計らって、あらかじめ用意していたホテルの一室に連れこんで、つかの間の金正日気分を味わおうとかいうような素敵な目的の為に持っていたわけではありません。(そのくせ具体的ー!)


前に会社の人からもらったんです。
ストレス溜めてそうだからって。
胃潰瘍になる前だったんですけどね。


昨夜それを思い出して、「これでいっちょトリップしてみるか」と思い立ったわけです。
ネットで調べてみると、確かではないもののハルシオンでのトリップの仕方みたいなものが書いてありました。


「ハルシオンを飲んで眠くなるのを我慢すればトリップできます。」
てな感じに。


ということで、早速飲んでみます。
こういうことに関する行動力は自分でも誉めてあげたいくらいです。


全く普通の薬みたいな味で、特に変わったところはありません。



5分後。


シーン・・・。



あれ?
なんか、イメージと違うなぁ〜。
もっとこう、グワァ〜って来るもんじゃないの??
眠気すら来ないし。

あ!そっか!
みゅーじっくだ!!


いかにも初心者トリッパー丸出しです。
とりあえずそれらしい音楽を求めて、CDの山を掻き分けます。

やっぱ、これだろ。
自信満々で取り出したのは、もちろんジミヘンです。

バカですねぇ〜。

見たこともない夢の世界を求めてヘッドホンから脳みそへ大音量のジミヘンを流しこみます。



3曲目無事終了。



ちぇ!
なんだよぅ!!
何も変化なしじゃねーか!!!

やめたやめた!
ジョンとかカートみたいになれるかと思いきや、相変わらず掘りの浅い東北人のままじゃねーか。


そして、

CDを止める。

ベッドに入る。

昼までぐっすり。



なにぃーっ!!
めちゃくちゃ適正な効き目じゃんか。
起きるとすごくスッキリじゃんか。

結局才能ではなく快眠をげっちゅーしちゃいました。
やっぱり、そういうものに頼ってもろくなことがないオレ。
大丈夫です。
いくらトリップしたいからと言って本格的に「楽しいクスリ」にまでは手を出しませんから。
酒くらいにしておきますよ。



ぬぉぉーっ!!!!

今すごいことに気付いた・・・。
2004年10月26日は一生に一度しかやってこないのに・・・。
その大事な一日に一言しかしゃべってない・・・。



「天津麺と半チャーハン。」



オレの今日の台詞これだけ。
もっと言うべき事があるだろ〜。



オレの名を言ってみろ。

先日の新潟での地震。
ニュースを見ている限りでは、まだ復旧には時間がかかるようです。

道が通れない。

水が出ない。

食べるものがない。



そんな中、昨日の夜弟が一人で新潟に向かいました。


これで二度目です。
前回は、新潟の台風の時でした。
実家に住んでいる弟と普段からまめに連絡をとっているわけではないので、その時新潟にボランティアとして行ってることをオレは全く知りませんでした。
ふと会社の人から「さっき○○ステーションに出てたのって弟じゃない??」ってメールが来て初めて知りました。

「知りました」とはいえ、メール見た時点では「うっそぉ〜ん」という気持ちしかなかったのは事実です。
実家に電話してみて「あ。見たぁ〜?」と母が言うので、本当なんだなと知ったわけです。
バイト終わって休みとって三日間ぐらい行ってたのかな。
車で寝泊りしたらしく、本人が語る苦労より実際の苦労は大きかったと思います。
ニュースの次の日、会社の人たちは皆偶然にも同じテレビを見ていたらしく、非常に肩身が狭かったのを覚えています。




「それに比べてこの兄貴は・・・」みたいな。


「一番下っ端のくせに一番遅く出社してきやがって・・・」みたいな。


「その上、始業時間過ぎてるのにのんきにサンドイッチなんか食いやがって・・・」みたいな。





オレの弟が密かにボランティアなんかに行っちゃって、全国版のニュースで特集組まれちゃってるなんて不思議な気分でした。

心の底から感心したし、心の底からジェラシーを感じました。


「なんて、男らしいヤツなんだ」と・・・。


ものすごい敗北感というか、飼い犬に手の傷を縫ってもらってる感じというか。
オレにはそんな感情を抱く資格すらないですけどね。
自分にも同じ血が流れてると思ってちょっと喜んじゃってるくらいですから。



オレの弟の活躍をVTRで見た古舘伊知郎が「今の日本も捨てたもんじゃないですね」ってコメントしてましたが、全くもってその通り!
捨てようとしてる冷めたヤツらがあまりにも多すぎて、少数派の拾おうとしてる熱いヤツらを冷めた目でしか見れない世の中になっちゃってるんだよ。

地雷の撲滅に励む女子高生しかり、災害ボランティアしかり口で言うのは簡単だけど、実際やるのは相当なやる気がないと無理だと思います。


ただ、前にも言った通り「何をその人がやるか」は本人が決めることであって、何でもいいと思います。
世の中そういうもんなんだと変に大人ぶって割り切っちゃったりするのはやめて、やりたいことにチャレンジしなきゃいけないなと改めて思いました。


だって、明日死んだら後悔しないですか??



オレはめちゃくちゃします!
死ぬまでに全ての事をやり遂げるのは難しいかもしれないけど、全ての事をやろうとすることは出来ます。
中途半端でもいいじゃないか。
やりもしない人よりは途中で投げ出すくらい全然まし。

偉そうなこと言ってもそんな人になれてない自分が今キーボードを打っています。
でも、いいんだ。
マイペースでやるから。
あんなアホな弟に負けてられないもんね!


なんか真面目な感じになっちゃったなぁ〜。
う〜ん、らしくない・・・。






まぁ〜るい緑は山手線〜♪

手のモデル。

「手タレ」。


足のモデル。

「足タレ」。


世の中にはカラダのパーツを売り物にした色々なモデルがいます。
仮に今オレがお見合いをしたなら職業は「モデルです。」と言いきれます。




はい・・・。

「もつタレ」です。




何を隠そう、またしてもグラビア撮影をすることになりました。
ええ、腸のね♪

まだはっきりしないみたい。
オレの病気・・・。
ここまで引っ張るんだったら世界で初めての病気とかだったらいいのに。

かっこいい名前がいいなぁ〜。
「ピーターファンデンホーヘンバンド病」とか。
「スペース・ローン・ウルフ病」とか。
「ナニワのモーツァルト病」とか・・・。



それにしても、カメラ入れ過ぎだぁ〜。
まるで大学の新歓コンパ状態ですよ。


と〜こ〜ろ〜が〜

ゆ〜じ〜っくぅ〜

ま〜だまだ〜

撮りた〜りな〜い

そこでいっきっきぃ〜のぉ〜きぃ〜・・・。



今年に入ってもはやカメラ5本目です。
ここまで来ると自分で買っちゃおうかとも思うくらい。
そろそろプロとして大腸のポージングも研究しなきゃいけないとこまで来たかもなぁ〜・・・。


「男を誘惑する雌ネコのような大腸。」


「うまくいかない恋に悩むちょっとうつろな大腸。」


「じゃじゃ馬大腸。」


「普段は真面目なのに酔うとちょっと大胆になっちゃう大腸。」




今回はもうケツから入れるの三回目だし、難易度高いやつにしようかな。
パイレーツに敬意を表して・・・。





「だっ腸〜の!!」

どっちの病気ショー!

いよいよ、明日ですよ!
オレの病のネーミングが決定するのは。


自分の体のことなのに、他人である医者がその実権を握っているのが実に不愉快です。

どっちなんだろーなー。
ここまで引き伸ばされちゃうと、もうどっちでもいいや。
考えても仕方ないし。

明日の今ごろはもう結果を知ってるんだろーなー。
どっちなんだろーなー。



「腸サイアクゥ〜!」

ってなってんのかなー。



それとも、

「腸腸腸イイカンジ!腸腸腸腸イイカンジ!!」

ってなってんのかなー。



でも!

ここまで医者がはっきりしない以上、どっちの病気であってもおかしくないってことだと思います。
否定されたほうの病名も完全にはぬぐえないのでは??


ってこともあり、世紀末ももう過ぎてしまったこともあり・・・



ジタバタするぜぇ〜。


オレ、ジタバタしちゃうぜぇ〜。




あぁー!
早く明日になんねぇーかや!!

転んだら杖を使ってでも立ちあがれ。

昨日、新潟で大きな地震がありました。

きっと、その地域の人たちが「運が悪かった」のではないのでしょう。
今までそういう大地震に遭遇してないオレたちが「運がいい」だけなのです。


オレの安否を気にしてくれる人が何人いるかはわかりませんが、そういう目にあったらどうしたらいいのだろう。


携帯の電池が残っていたら焚き火にあたりながらブログ更新に挑むはずです。
「今日の炊き出し」とか画像付きでアップすることにします。
そういう時こそ明るくいかないとね。


逆に、オレやこれを見ている人たちに安否を知らせたい人は掲示板やコメント欄をぜひとも利用してください。
記事の内容に関係なくてけっこうですので。



そんなふうにもこのサイトを利用してくれたらうれしいな。
ま、そんなチャンス来なけりゃ来ないほうがいいんだけど。


今回被災した地域の人がもしこれを見てたら、早く元気出して下さいね!

プロデューサーとしてのオレの考え。

ずばり、オレの狙い的中。


昨日とおとといでアクセス数が350件と非常に順調です。
全国の「女子高生ファン」に感謝!

インターネットにおけるホームページって個人が持てる放送局だと思うんですよ。
アクセス数ってようはテレビで言う視聴率なわけで。
視聴率が高けりゃスポンサーもつく。
さらに、テレビを上回る特徴といえば双方向性ですね。

うまく利用すれば色んな人や考えと出会ったり、意見を交換したり、金まで稼げちゃうわけです。
はっきり言ってこんないいものを利用しない手はない。
それがオレの考えです。



だからといって、ネットで大金を稼ごうとは思ってないですけどね。

まだ。



いずれは稼げるようになったらうれしいですけどね。

マジで。



ま、金の話はいいとして・・・。
ネクラのくせに目立ちたがりやなオレにとっては最高の遊び場です。
今はどんな遊びをしようか考えるのが毎日楽しくて仕方がありません。



昨日、○○を処理している女子高生に萌えました。

昨日のニュース23の特集で地雷の撲滅のために日々活動をしている女子高生たちの姿を見ました。
普通日本で生活している女子高生が地雷に吹っ飛ばされることなんてまずありません。

彼女たちは純粋に戦闘地域に住む人々といつ訪れるのかわからない平和のためだけに活動しています。


若者たちはいつの時代も「くだらない大人にはなりたくない」と主張します。
確かに、それはその通りだと思います。
しかし、オレたち若者も「くだらない若者」になってはいないでしょうか?

なにもみんながみんな社会貢献をしろだとか世界平和を願えとかそんなこと思っていません。
実際にオレだって自分がかわいいし、ニュースでやっていた高校生のような純粋な気持ちは持てないかもしれません。


仕事中にお客様からこんな話をされたことをされたことがあります。

「人の為」と書いて『偽』という字ができている。
結局人間というのは人の為を思ってやってることでも結局は自分のためにやっている。
君たち営業マンもそうやって「人の為」を思って商品を勧めに来たというが、結局はそれで給料をもらっているからでしょう。



確かに、それで給料をもらって食べています。
確かに、あまり気の進まないPRをしなくてはいけない時もあります。
なので、その人の言うことも間違ってはいないと思うし、その人のことをそれで嫌ったりはしません。


でも、オレはお客様のニーズに自分の商品が合わないと思ったら、他社の商品でも勧めます。
自社商品の売上の一部で自分の給料が賄われていることは知っていますが、そういった場合は自分の商品は勧めません。
おとなしく引き下がることにしています。
営業マンとしてははっきり言って失格だと思います。
現に本社の人間と飲んでる席でそういったことで口論になったこともありますし、頭を叩かれたこともあります。
しかも、その上司がいつまでもピーピーうるさく言うので、「おい!ピーちゃん!いつまでも騒いでないでまず飲め。」とたしなめてやりましたし。
オレは間違ってないと思ってたし。
その数ヶ月後、そのピーちゃんは台湾に飛ばされました。
ざまーみやがれ。


若者にしか言えないこと。
若者にしかやれないこと。

それは何なのか考えることが大事なんじゃないかなと思います。
音楽であろうが、仕事であろうが、趣味であろうがプロセスは自由だと思うし。
プロセスどころかゴールだって人それぞれに設定してもいいと思う。


世界の列強に飲みこまれそうだった幕末の日本を救ったのは坂本竜馬など当時の若者たちでした。


混沌とした時代にこそ輝けるのが若い世代です。
別にこれを見てる人たちにそういう人になって欲しいっていうメッセージを送ってるつもりはありません。
そんなことされたら嫉妬しちゃうし。

オレもなんかやらかしてーなーって思ってるだけ。
やらかせなくてもこういう気持ちはいつまでも持っていたいなと。
久しぶりにこんなことを考えさせてくれた女子高生とそれを放送したTBSに感謝です。





とはいえ、所詮オレのこと。
ウエディングドレス姿で十字架に磔にされるまでバカなことを繰り返すんだろうなぁ〜。
みんなそれを期待してるんだろうし。

ま、それはそれでいいや。




それどころか、この記事のタイトルでアクセス数を稼ごうなんてあくどい事考えてるし。
なんて汚い若者なんでしょう、オレ。
でも、こんなオレ大好き♪

Profile
YUSIC
yusic2



1978年12月7日仙台市に生まれる。
小学校、中学校とそつなくこなす。
高校に入り、成績が二軍落ち。
それと同時にロックに出会う。
音楽の授業でやったこともないドラムをやらされ奥田民生の「愛のために」を演奏。
自分でも知らなかった才能に目覚める。
その後すぐに友人がやっていたT-SQUAREのコピーバンドにドラムとして加入。
高校の文化祭で初ライブ。
その間、歌もののバンドもやりたくなってしまい、LINDBERGのコピーバンドを平行して結成。
そのバンドではベースを担当。
ライブハウスでの初ライブはベースで出演。
やったことのないベースでもなにげに弾けちゃうオレの才能にまた気付かされる。
そんなことをしているうちに受験に失敗。
そっちの才能はないことに気付く。
浪人中はハトの生態に関する研究に明け暮れる。
二度目の大学受験で岩手県の大学に合格。
大学1年でバンド「B DASH JUMP」結成。
ドラム担当として手腕を振るう。
その時期にアコギを購入。
なにげにギターまでなんなく弾けちゃうオレ。
大学1年の学園祭ではカラオケ大会優勝。
歌までうまい。
大学2年のライブではピアノも披露。
とどまることなく溢れ出す自分の才能に恐怖を覚える。
また、このバンドのHPにて文才も発揮。
新たな趣味ができる。
大学4年の卒業時に「B DASH JUMP」解散。
その後就職し、うだつのあがらないまま現在に至る。


COUNTER!!!

最新コメント
人気blogランキング
おもしろいと思ってくれた方はクリックという愛の手を!
クリックしてくれればくれるほどオレが人気者になっていきます。
         ↓
メールしとけ!!!

YUSICへのメールはこちらまで

掲示板ですぜ
ヨリ目にしても立体には見えません
QRコード
マイ・オークションをごらんください
  • ライブドアブログ